あなたの総入れ歯は、大きい? 小さい?

ピッタリ安定した総入れ歯で、
若々しい顔を取り戻しましょう

size-01.jpg

写真上は、ある患者様が初診時に持ってこられた総入れ歯で、下が西村が作った総入れ歯。同じ総入れ歯でも、こんなに大きさが違うことに注目してください。

さて、総入れ歯の模型を何組か並べて、どれにしたいかと尋ねると、ほとんどの人が小さい方を選びます。そして、保険で作られた多くの総入れ歯が、やはり小さな総入れ歯なのです。
違和感が気になりますし、口に入るのかという不安が、小さな総入れ歯を選ぶ理由ですが、実はこの小さな総入れ歯には、大きな問題があるのです。

人は加齢とともに歯を失い、歯茎が痩せて口元のボリュームも失われ、老人特有の顔になるのですが、この失われた部分を考慮しないで作った総入れ歯(結果的に小さな入れ歯)では、貧弱な口元を補うことはできません。逆に失われた部分(アゴの骨や歯茎など)を十分計算した総入れ歯(結果的に大きな入れ歯)にすると、口元がフックラとしてハリが戻り、周囲の人が驚くほど若返るのです。

患者様の口に合うように何度も何度も細かな調整を重ね、若い頃の顔を参考にしながら作るわけですから、大きいといっても決して負担になる大きさではありません。ピッタリ安定して、入れているご本人が忘れてしまうくらいなのです。
また、総入れ歯になって落ち込むどころか、気持ちが明るくなり、外出や人と会うのが楽しみになったという方がたくさんいらっしゃいます。自信がついてアゴが上がり、顔が自然に上向きになって、背筋まで伸びてくるのです。
総入れ歯だからと、口元を押さえて下を向いていることはありません。シルバーなどとはいわせないで、胸を張ってゴールドエイジを生きていきましょう。

吸盤の原理でくっついているから、
総入れ歯は落ちないのです

size-03.jpg


小さな総入れ歯には問題があることはわかっていただけたと思いますが、大きな総入れ歯にはまだまだ良いことがあるのです。
その前に、まず総入れ歯(特に上)がなぜ落ちないのか? を考えてください。実は、総入れ歯は、吸盤の原理で口の中の粘膜とくっついているのです。
しっかり計算して作られた総入れ歯は、ちょっとやそっとの力では落ちないどころか、慣れなければ外すことさえ難しいものなのです。

入れ歯が落ちない原理がわかれば、大きな総入れ歯と小さい入れ歯のどっちがよりしっかりくっつくか? の答えも簡単です。大きな吸盤と小さな吸盤のくっつく強さを考えればすぐにわかることです。
さらに吸盤がくっつく時にもう一つ大事なことは、吸盤とそれがくっつく面とがすき間なく合っていることです。ザラザラした壁のように吸盤との間にすき間があると、吸盤はくっつきません。逆にピッタリしているほど、くっつく力は強力になります。

ですから、総入れ歯を作る時は、患者様の口にピッタリ合う形を決めるために、何度も何度も調整を重ねる必要があるのです。患者様にとっても歯科医にとっても根気がいる作業ですが、私たちの口は食べたり飲んだりするときだけではなく、おしゃべりしたり、あくびをしたり……と、とにかくジッとしていることはありません。このようにいつも動いている口の形に合わせるのですから、保険でつくる総入れ歯のように数回の調整ですむわけがないのです。

良い総入れ歯の床は
面積が大きいから、痛くありません

size-04.jpg

雪の上を歩く道具に「カンジキ」があります。
足が雪にはまってうまく歩くことができない時、カンジキをつけて、その面積に体重を分散させて歩くのです。
カンジキの原理は、その大きさにあります。「それが入れ歯とどんな関係があるの?」という声が聞こえてきそうですが、それはここまでのことをまだ理解されていない証拠。このコーナーでは入れ歯の大きさについて述べてきましたが、ここでもやはり大きさがテーマです。

私たちが歯を噛み合わせるとき、そこには力がかかります。その強さは想像以上のものがあり、一瞬に力を集中する野球選手や力士などが引退する時には歯がボロボロになっているという話があるほどなのです。
ところで、歯があればその力はアゴの骨が支えてくれますが、総入れ歯ではそもそも歯がないのですから、噛む力は入れ歯の床を介してそれに接する粘膜(歯茎)が支えることになるのです。
この入れ歯の床が、カンジキに相当します。

床(の面積)が大きければ大きいほど、噛む力は分散されて、粘膜にかかる負担は軽くなります。尖端がとがっているもの(面積が小さいもの)と平坦なもの(面積が大きいもの)を手につけて同じ力で押すと、どちらが痛いでしょう? とがっているものが痛いのは、力が小さな面積に集中するからです。面積が大きければ力が分散されるので痛くないのです。

いかがですか?

単純に小さな総入れ歯がいいというのが間違いで、総入れ歯にはほどよい大きさが必要なことがわかっただけでも、あなたの総入れ歯の知識は一歩前進です。
そしてこの小さな一歩が、大きな進歩なのです。

size-02.jpg

高血圧に悩まされていた男性が入れていた総入れ歯(上と中)と、私が作った総入れ歯(下)。
この総入れ歯にしてから、この患者様の血圧は安定しました。