総入れ歯で、体の健康と輝かしい人生を手に入れる!

西村式入れ歯の特長

20081022151401.jpg西村は咬合、顎関症、それらの影響による姿勢の変化と全身症状との関係を自ら体験しながら研究・解明し、その治療に30年以上携わってきました。
その過程で、さまざまな全身症状の原因が、咬合や顎の偏りにあると看破して治療の成果を上げ、多くの本も書いてきました。

しかし、例えばむし歯を削ってかぶせ物をして、いわゆる咬合病を治すには、かなり困難な問題がつきまといます。
特に咬み合わせの寸法を変える場合、治し方はわかっていても莫大なエネルギーがかかるので医学としてよりも医療としての費用や時間等の問題が大きすぎます。
ところが総入れ歯の場合、それが比較的簡単にできるのです。

ですから、総入れ歯になることを嘆くことはありません。それどころか体をたて直して人生を幸せに歩むための必需品として、これまでの体験、研究とその成果など、西村の持てる力を100%発揮できるのが『西村式入れ歯(総義歯)』なのです。

その特徴は

◆第1
顔の輪郭を壮年期のそれに戻せば、往年の懐かしい顔を取り戻すとともに全身の不快症状が消えて元気一杯になります。そのことによって、西村が一番得意とする、歯を通じて命の息吹が吹き込めるのです。何よりもこれが『西村式入れ歯
の第一の特徴です。
◆第2
社会生活上、まったく歯がない時期があるのは耐えられないことです。そこで、西村は抜歯と同時に即時義歯という義歯を入れます。
◆第3
『西村式入れ歯』は、まるで出世魚のように即時義歯(トレーニング義歯)、診断用義歯、本義歯と3段階にわけて作り上げて行きます。
◆第4
若い時の写真を参考に口元で歯を並べ、より自然な入れ歯を作ります。
◆第5
入れ歯を作りながら針や整体の技術を駆使して体のたて直しを図ります。
◆第6
入れ歯を作りながら顎関節の状態や咬合の改善、顔のシワを少なくしたり、目を大きくしたり、首の動きをよくしたり、体の動きを軽くしていきます。
◆第7
咬み合せは特に大切なので、噛むところを変化が起きにくい物に置き換えます。
◆第8
残存歯や歯槽骨の状態によってはインプラントを使い、自然な形で回復します。
◆第9
治療をする間に入れ歯を通じて次第に気分が明るくなり、残りの人生を精一杯生きていこうという意欲が湧いてきます。
◆第10
20081022151401_2.jpg
spacer-02.jpg一生使っていただくために、検診によってよい状態をしっかり維持していきます。

このように

西村は、総れ歯が人生の終着点という考え方とは全く反対の『総入れ歯で、体の健康と輝かしい人生を手に入れる!』を提唱しているのです。

この考え方を具現化したものが、『西村式入れ歯』で、その効果のほどは、遠方から新幹線や飛行機を使ってでも来院される方が沢山おられることや、ご夫婦で作られるケースが多いことからも実証されています。
symptoms-01.jpg