西村式入れ歯

西村雅興の入れ歯(西村式入れ歯)

 

入れ歯は、老後の人生を決定づける大きな要素の一つですが、

その割りには、

入れ歯に不満をぶつけながら、お金も時間もかけない人がほとんど……。

老人ホームや老人病院での食事風景では、

噛めない入れ歯で必死に噛んでいるお年寄りの姿を多く見かけます。

しかし、入れ歯が合わないと首の回りの筋肉が凝り固って、

脳溢血や老人性痴呆になりやすいのです。

 

西村歯科医院には、入れ歯に悩む患者様が日本中から来院されます。

この方々にとっては、西村が最後の砦と言われます。

そして、

来院されたほとんどの方が、西村式入れ歯で10才以上若返り、

生き生きとした人生を取り戻されています。

さらに、ある治療方法を開発してから、

ほぼ100%の人に満足してもらえる入れ歯が作れるようになりました。

それは、最小のインプラントをコラボレーション(複合)する方法で、

これを利用すると、縮んでいた背筋が伸びて顔の輪郭が壮年期の状態に戻り

別人のように若返って元気になられるのです。


このように、単に失った歯を補うだけでなく、okichan-05.jpg

加齢とともに歪んだ姿勢が正しくなり、

肌にハリとツヤが戻って顔が若々しくなり、

さらに頑固な肩凝りや腰痛・片頭痛などなど、

さまざまな咬合由来症(咬合病)から開放されて

『明るく元気で幸せな人生』を歩める……

それが、『西村式入れ歯』なのです。

たかが眼鏡、たかが靴、たかが入れ歯で、

早死にすることはありません!

30年前に入れた総義入れ歯について、

90歳になった患者様からお礼のお手紙をいただきました。

何と! 30年間、全くの無調整で元気に過ごされたのです。

(このことは私の著書にも書いてあります)

 

この方のケースとは逆に、少数の残存歯で入れ歯がうまくいかず、20071127104333_1.jpg

体調不良に悩んでおられる患者様も多く、

私の本を読んで来院され、西村を信じて総義歯にして、

まるで別人のような若さを取り戻されています。

 

入れ歯に関しても、西村には数冊の本があります。

入れ歯に悩まれている方は、ぜひご一読ください。


20071127104333_3.jpg