インプラントの是非

okichan-02.jpg 下記は、
 インプラントは絶対ダメ!、と書いてあったHPを見て
 絶望していた女性とのやり取りです。
 興味深い内容だと思いますので、
 少し長くなりますが、抜粋して紹介します。

〈患者様からのメール〉
西村先生 お世話になっております松○輝○です。
こんなにも歯を悪くしてしまったのは、
自分自身を大切にしなかったのが悪いのですが、
そんな私を責めたり、軽蔑するような言動や態度を一切とられることなく、
先生は常に最善を尽くしてくださいます。
そんな姿は「自分自身を大切に」というメッセージとなって私に届いています。
この春、夫の転勤で引っ越しました。
大切な方々との急な別れは辛かったのですが、
多くの方々の優しさや温かさに触れ、幸せな気持で桜を眺めることができ、
それもこれも健康あってのことだと実感しています。
歯の心配を抱えたままであったら、
そんな幸せな気持に浸ることはできなかったでしょう。
本当に有り難うございました。
ところで、先生に一つ質問したいことがあります。
今回の引っ越しで、たまたま少しまとまったお金を
用意できることになりました。
その金額でインプラントにする予定の右下の歯を、
歯の形で残すことができるでしょうか。教えていただければ幸いです。

〈西村のメール〉
当初の計画では、右下には義歯の下の支えになるように
インプラントを使う予定でした。
予算ができたということでしたのでインプラントを二本にして、
一つ手前の歯は西村が自腹で白い歯にしました。
これは患者様への西村からのプレゼントです。

 〈患者様からのメール〉
右下インプラントの手前の白い歯は、そういうことだったのですね。
右下の歯がまた噛めるようになるなんて夢みたいです。
しかも白い歯で、本当に有り難うございました。
言葉がみつからないくらい感謝しています。
左上の歯がぐらつきだした時(3年半ぐらい前のこと)、
ネットで「○○歯科」のHPを見つけました。
そこには、インプラントは絶対やってはいけない。
噛み合わせが狂って、体をボロボロにしてしまう。
一億円出しても1本の歯も買えないということが書いてありました。
私は、神様はいないんだ……と、
かなり絶望したことを昨日のことのように覚えています。
でもその後、神様はいるはず、やり直せない人生なんてない……と、
心の片隅で希望を捨てずにいたら、先生に出合うことができました。
今ではこんなにきれいで、噛める歯を作ってもらって感激しています。
一生懸命治療してくださる先生に応えるよう自分の歯(体)を
大切にしたいと思っています。

〈西村のメール〉
そのHPの内容を西村はよく知っていますし、
書いた歯科医もよく知っています。
大学の同級生で、人柄はよく生真面目な性格です。
私のセミナーを受けたこともあります。
当時、医院が経営困難になっていて、
その打開策を手に入れるべく参加したのです。
その後、ある技工士さんの意見に強く傾倒したようです。
実は、彼を指導した技工士さんもよく知っています。
かって、私のセミナーでも数回話しをするチャンスを与えましたが、
その言行にほとほと困り、その後は縁を切りました。
この技工士さんは、素晴らしい理論を持っていて人を救うべく
活動をされていましたが、かなり狂信的な性格で、
物事を決めつけて突き進むのです。
インプラントについての彼の説も一理ありますが、
一つに決め込むのはどうかと思います。
確かにインプラントを入れた後の噛み合わせの狂いで、
体がボロボロになっている人も多くいます。
しかし、上手に噛み合せを作って入れれば、
正に神の業に等しいのです。
なくした体の一部を再建できるわけですから。
西村は来年『インプラント成功の秘訣は
「噛み合わせ」にあった』
を書こうかと思っています。
有力なインプラントは、両刃の剣でもあります。
しかし、上手に使えば『神の業』に匹敵します。
松○輝○様は、西村のインプラントによって助かったのです。
何事においても『絶対〜』の表現をする人の意見は要注意です。
世の中に『絶対』はないのですから。
その人の『絶対』の一部分に真理はあるかもしれませんが、
全てではありません。
自分の未熟な意見を『絶対〜』の表現で他人を迷わせて良いとは思いません。
何度も書きますが、インプラントそのものは非常に良いものです。
しかし、噛み合わせのことを十分理解していない未熟な歯科医が
運用を間違えると大変なことになるのです。
インプラントに限ったことではありませんが、
歯科治療においては必ず噛み合わせ調整の神業が必要になってきます。
そして、ここが西村の一番得意とする分野なのです。
ですから『神業』と『噛み技』を同時に生かすことができて
奇跡が起きているのです。
これが、西村が西村たるところです。

〈患者様からのメール〉
西村先生 幸運にも私は神業と噛み技の奇跡を体験できました。
人前で笑うことができない、一生マスクの生活……等々、
一年前は深刻な不安で一杯でした。
20080304144921.jpg
「インプラントは絶対にいけない」を信じ続けていたら
どうなっていたでしょう。まさに光と影の違いがあります。
私も先生の「絶対〜には要注意」に賛成です。
話がそれますが、私は過去にそれで大失敗しているのです。
私は長い間、コンプレックスの塊でした。
それで、子どもには幸せになってほしいの一心で
子育てによいとされるものに強く執着し、
れ以外を全て排除しようとしました。
完全母乳育児、肉や牛乳、甘いものを与えない……
といった具合に。それを愛情だと勘違いして。
当然、子どもは反発しました。育児が楽しくないどころか、
喘息気味で虫歯のたくさんある子どもになってしまったのです。
その後ある相談室に通い、
母親である私が自分本来の輝きを何とか取り戻していくうちに、
子どもの喘息も虫歯もなくなっていきました。
今では甘いものをよく食べますが、
ここ3年くらいは歯医者さんのお世話になっていません。
でもこの失敗のお陰でバランスよくものを見たり、
考えたりする力が少しはついたと思っています。
特に極端に何かに執着する人は、生い立ちの中で身につけてしまった
不安や恐れ、あるいはそれ以外の何かがあるためで、
その人自身がおかしいわけではないと思うようになりました。
かなり脱線しましたが、とにかく先生のインプラントの技術で光を浴び、
幸せな人生を送る人が増えますようにと願っています!
(正直、私は予約を入れるのにものすごく勇気がいりました。
そして、先生にお会いしてもそのパワーに圧倒されて緊張し、
なかなかうまくお話できないくらいです。
でも、飾らず、とてもハートフルで素敵な先生です)

〈患者様からのメール〉
西村先生 先生のところへ勇気を出して通い始めたのが
昨年の一月だったと思います。good-01.jpg
胸が押しつぶされそうなくらいの不安を抱えながら……。
現在は、普通に噛める歯にしていただき、肩凝りもなくなり、
おまけに目まで大きくしてもらえました!!
(歯を失って、目がくぼみ、急に老けてしまった自分を
どうしようもなく悲しく思っていました。
噛み合わせの調整で落ち込んだ目が戻るのですね。
びっくりしましたし、本当にうれしかったです)
一年前には考えられないくらい幸せな状態にしてもらえたわけです。
ところが、これが普通になると感謝の気持ちを忘れそうになります……。
私にはそのことが一番怖いです。
また、春になったら伺います。よろしくお願いします。

okichao-08.jpg
 〈西村のメール〉
 歯の治療で目が変わる! 顔が変わる!!
 人生が変わる!!!
 これが、西村雅興の『美顔力』!
 噛み合わせパワーなのです。
 自分の内面を見つめる能力がある人には
 さらに効果的です!
 さらなる調整もしますので、楽しみにしてください。