26年間、一分の狂いもなく、88歳までの人生を支えた総入れ歯

「先生に入れてもらった総入れ歯。
26年間、
我が健康を支えてくれています」


for26years-01.jpg

ある日、「紹介したい人がいるので、紹介したい」と来院された高齢の男性を見てビックリ! 何と、26年前に総入れ歯の治療をさせていただいたSさんだったのです。

かつて新聞記者だったSさん。どこで作っても入れ歯が合わず、目もショボショボとして眼鏡を買い替えようと思っていたとのことでしたが、私が作った総入れ歯に「3年間も苦労したのがウソのようだ」と喜ばれました。

あれから26年、私が作った総入れ歯はSさんの人生をしっかりと支え続けたようです。歯科医としてとても嬉しいことですが、ご高齢になってなお前向きな
Sさんの気持ちがそれを可能にしたことは間違いありません。
そのことをわかっていただくために、再会の後日にいただいた立派な毛筆の手紙を、少し長くなりますがなるべく原文通りに紹介します。 
 
『先日は御元気そうな温顔を拝し、感激にむせびました。歳月の流れは早く26年ぶりの再会でした。
歯痛に苦しみ抜いた末、先生に入れてもらった総義歯。今年満88歳、尚健在で一分の狂いも無く修理矯正を加えた事も無く口にピッタリ、我が健康を支えてくれています。
硬軟食物何でも食って酒呑む姿を見て、人皆驚いています。中には御自分の歯ですかと不思議そうに我が顔を見る御仁もいます。戦友会では最古参兵最年長、健歯健体は我が誇り得る自慢の一つです。来月湯沢温泉で会が開かれますが、皆驚く事でしょう。老いても矍鑠として陣頭に立つ愚老の健体を見て……是皆先生のお陰です。
26年、寸分の狂い無き入れ歯なんて有るのかと皆疑いを持つ、自分でも何で人工の歯がピタリと口に合い寸分の狂い無く長持ちするのかと思う事があります。百歳まで生きても我が歯は大丈夫と自信を持っています。本当に有難うございました、改めて御礼申し上げます。
人生で最も大切なものは人との出会いだと申します。若し先生との出会いが無かったら、今日の幸は無かったでしょう。出会いは神仏の力に依ると申しますが、私は少しも疑いません。
葛西駅から大手町まで先生の看板を見乍ら通勤しました。どこの医者へ行ってもしっくり行かぬと、ふと「両隣聖を知らず」という古言を思い出し、聖者(名医)は案外近くに居るかもと思い、此の近くなら毎日通っても僅か数分と先生の門を叩いたのが御縁の始まりでした。
私は時々論語や司馬遷の史記を読みます。淮南子の「人間万事塞翁が馬」など中国史には興味があり、暇つぶしに学びます。文字即実相、文は時々人間を救います。難しい事は苦手ながら、中国の教えには人間の心を動かすものが多々有ると思っています。
とに角、先生との出会いを、我が人生の最高の幸せと思っています。
いつまでも御元気で歯痛に悩む人をお救い下さい。末筆乍ら御健康をお祈り申し上げます。
90近くになると文字も乱れ文もまとまりませんが、悪しからず御諒承下さい』

okichan-01_1.jpg
Sさんは、これからもますますお元気で活躍されることと思います。そしてそんなSさんを、私の作った総入れ歯はしっかりと支え続けることでしょう。